Hatena::Groupbearhand

しなちょうメルクマール

title_banner
Subscribe with livedoor Reader  はてなRSSに追加  はてなアンテナに追加 [log] [顔icon] [ココロンicon] [コラ!バナ]
[人気エントリ] [熊手人気エントリ] [寄稿しました→ SNSの研究 ]

about this site

■info

ここは【シナトラ千代子】の餌場(略してオレオレ断片部)。
わかりにくかったり説明不足だったりするので注意。
バナーの熊はmorguefile.comから。上の[log]からarchiveへ。そして昼ご飯へ。

071023 【ベアハグハグ】と【秘芸ちょう】のログを統合。

 | 

20080115Tue

[]ポジティブ教の限界 18:32 ポジティブ教の限界 - しなちょうメルクマール を含むブックマーク はてなブックマーク - ポジティブ教の限界 - しなちょうメルクマール

ポジティブ教

自分を取り巻く環境への対抗策として、環境の改善に取り組むのではなく、環境に対する自分のものの見方を変えることを示唆する、もしくは求めるような考え方を指す。またこういった考え方への揶揄の意味も含む。

特徴は

  • 「考え方ひとつ」で世界は変わる。もしくは変わったように見える。
  • 世界は「自分の努力」でなんとかなる。
  • 自分や世界を変える方法のひとつは「ポジティブである」こと。

などで、

  • ハウツー本的な手軽さ
  • 自己啓発セミナー的な「責任のありかを自分にだけ求める」姿勢

などとも共通することから、これらのもの全般に蔓延する思考と見ることもできる。

ここまで書いて、キーワードが登録されてるのに気付いてやめた。


初出は不明だけど、言葉自体は2005年頃からあるっぽい。

あと自己啓発系セミナーですでに使われているらしいのに笑った。


ポジティブ教にしろネガティブ教にしろ、そういった思考の根っこにある

  • 世界を「自己」と「外界」の二項対立として捉える

という考え方は問題を簡単にしすぎているように思える(「ポジティブか否か」「努力か否か」らへんは思考を導入するためのテクニックにすぎない)。簡単なのはいいことかもしれないけど、それは簡単なコトガラについての話に限る。

問題を簡単にしすぎることの弊害はもちろんあって、

  • そういった思考習慣そのものが足かせになる

ということではないか。んー、わかりやすく書くと、

  • 初心者向けに簡素化されたインターフェイスでPCをいじっていると、いつまで経っても複雑なトラブルには対処できない

とか。ポジティブ教そのものについて言えば

  • 「これでPCに詳しくなれる!」と謳っていながら初心者向けカンタンインターフェイスをお勧めしている本

みたいなものか。

「シンプルなものは美しいがゆえに正しい」みたいな「わかりやすいルール」がそのまま用いられるのはごく一部での話。それをいくら集めてきても、複雑に絡みあった問題には対処できるようにならないし、足かせになりかねない。問題解決のために、足かせはないほうがいい。


しかしポジティブ教で「目から鱗」な感動をしてしまうひとというのはすでにポジティブ教的な思考*1にヤラれているのかもしれないなあとか思ったり。

*1:「世界はもっとわかりやすいはずだ」みたいな。

 | 
banner icon 点取り占いブログパーツ この日記のはてなブックマーク数